一般社団法人日本ライフマイスター協会(東京都中央区、代表理事:人見輝也http://life-meister.jp/ )は、毎日のようにがんについて語る保険募集資格取得者が、基本として身につけておかなければいけないがんの知識やマナー、がんの正しい情報に到達する手段などを学んぶための、がん保険アドバイザー認定制度をスタートした。

◆がん保険アドバイザー資格認定制度の趣旨

一般社団法人日本ライフマイスター協会からの発表の抜粋

日本における現在の大きな課題として「少子化」「がん」「介護」が挙げられます。当協会はこれまで「少子化」の解決の一助となるべく2012年6月「子育て保険アドバイザー(http://kosodate.life-meister.jp/)」 の資格認定制度を実施し、2015年1月までに約3000人あまりの「子育て保険アドバイザー」を世に輩出してきました。

~中略~

つぎに対応すべく課題といたしまして、このたび「がん」を取り上げることと 致しました。現在日本では「二人に一人はがんになり」「三人に一人はがんで死ぬ」と言われ、国民病と言っても過言ではない課題です。しかし、日本はがん大 国であるのに、がん後進国といわれています。また、がんによる死亡率は増加傾向にあります。保険にご加入いただいた方々の中で、がんを罹患する方、もしく は、身近な方々の中に罹患する方が発生する可能性が考えられます。医療関係者に次いで、毎日のようにがんを話題にしている職業である保険募集資格者こそ、 基本として身につけておかなければいけないがんの知識やマナー、がんの正しい情報に到達する手段などを学ぶ機会として、この「がん保険アドバイザー養成講 座」をスタートします。

このニュースの詳細はこちらから

 

担当者コメント

保険を検討しているお客さんにとっては資格をもったアドバイザーから情報をもらえることはとてもありがたいことではないでしょうか?がんを体験された方が「保険に入っていてよかった」とか「もっと保険について考えておけばよかった」など保険の重要性についてよく口にしています。私も近いうちに保険について話を聞きにいこうと思います。

担当 HAMA

 

 


人気記事