アステラス製薬はテキサス州立大MDアンダーソンがんセンターと、急性骨髄性白血病を対象としたモノクローナル抗体医薬の研究・開発に関する契約を締結したと発表しました。ヒト化モノクローナル抗体h8F4について、急性骨髄性白血病の治療薬として創製を目指します。
一部の急性骨髄性白血病患者のがん細胞には「PR1/HLA-A2」と呼ばれる主要組織適合遺伝子(HLA)抗原ペプチド複合体が発現していることが知られており、h8F4はこれに特異的に結合し、抗がん作用を示すとのことです。

 

オンコロニュース担当コメント

●アステラス製薬とMDアンダーソンがんセンターが急性骨髄性白血病を対象とした分子標的薬の研究開発を一緒にやっていくみたいです。

●その分子標的薬は白血病のがん細胞表面にできる「PR1/HLA-A2」というたんぱく質結合して、抗ガン作用を示すようです。

 

情報ソースはコチラ

アステラス製薬:MD Anderson Cancer Center との急性骨髄性白血病を対象としたモノクローナル抗体医薬に関するオプション契約締結のお知らせ


人気記事