非小細胞肺癌の新薬ナパブカシンとは

癌の三大治療方法とは、手術療法、薬物療法、放射線療法です。この三大治療方法にオプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)をはじめとした抗PD-1抗体薬などの癌免疫療法が加わり、現在は癌の四大治療方法と呼ばれています。

これら治療方法の開発により数多くの癌が根治できるようになりましたが、依然として治療に抵抗性を示す癌、一時的に治癒を示すも再発する癌と人類は闘っています。癌が抵抗性を示したり、再発したりする理由は癌細胞を作り出す

癌幹細胞

が存在するためです。癌幹細胞は自分と同じ働きを持つ細胞を作り出す自己複製能、自分とは別の細胞に変化する分化が可能なために際限なく増殖ができます。

また、既存の抗癌剤、分子標的治療薬をはじめとした薬物療法が退治する標的は癌細胞のみで、癌幹細胞はターゲットではありません。ですので、癌細胞を殺しても癌幹細胞を殺さない限りは、癌を完治したとは言い切れないのです。このような背景のなか、日本の製薬企業である大日本住友製薬が

ナパブカシン

という癌細胞も癌幹細胞も標的にして殺傷できる経口の分子標的治療薬を開発しております。ナパブカシンはSTAT3と呼ばれる、細胞を癌化させる働きを持つタンパク質を標的にする薬剤です。

その効果は単剤ですとプラセボと比較しても変わらないという結果が出ているため期待値は低いのですが、その判断は時期尚早です。なぜなら、ナパブカシンを投与する目的は癌幹細胞を殺すことで再発、治療抵抗性を避けることだからです。つまり、癌細胞を退治する役割は抗癌剤、分子標的治療薬、抗PD-1抗体薬などの強力な薬に任せ、ナパブカシンの役割は癌幹細胞を退治することだからです。

ナパブカシンの薬剤概要

製品名

未定

一般名

ナパブカシン(napabucasin)

用法用量

未定(1日240mgもしくは480 mgを2回経口投与)

効能効果

未定(再発進行性の非小細胞肺癌)

主な副作用

未定(下痢、吐き気、食欲不振)

製造承認日

未定

ナパブカシンの作用機序

ナパブカシンはSTAT3 を標的にし、癌幹細胞の維持に重要な遺伝子を阻害します

ナパブカシンの最新情報

1)Napabucasin: An Update on the First-in-Class Cancer Stemness Inhibitor

概要

癌幹細胞は腫瘍増殖、転移、および従来の療法に対する耐性の主な原因であると考えられ、癌再発の原因となります。そのため、癌幹細胞の働きを抑える必要があります。STAT3は癌幹細胞のシグナル伝達、転写を促進するたんぱく質ですので、STAT3の働きを抑制するナパブカシンは癌再発の危険性を低下させる可能性があると考えられます。

出典

Drugs

配信日

2017年6月1日

ナパブカシンの口コミ

その他医療関係者のコメント

ナパブカシンの治験情報

1)A Study of Napabucasin (BBI-608) Plus Weekly Paclitaxel Versus Weekly Paclitaxel Alone in Patients With Advanced, Previously Treated, Non-Squamous Non-Small Cell Lung Cancer

治験の概要

ステージⅣ非小細胞肺癌患者に対して、ナパブカシンとパクリタキセルを併用投与する群、パクリタキセルを単独投与する群に分けて、OS(全生存期間)を比較検証する治験。投与患者は前治療としてプラチナ製剤ベースの治療、もしくは抗PD-1抗体薬投与の適応がある患者の場合は抗PD−1抗体薬の治療が施されているにも関わらず疾患が進行している。

治験の期限

2019年11月

参照
1)大日本住友製薬株式会社プレスリリース
2)肺癌診療ガイドライン


この記事に利益相反はありません。

人気記事