乳癌とMargetuximabについて 

乳癌は治療効果予測因子が明確なため、他の癌種と比べてプレシジョンメディシン(精密医療)が実現されています。ホルモン受容体陽性ならばホルモン療法、HER2陽性ならば抗HER2抗体薬のように、患者背景の違いにより推奨とされる治療方法がまったく異なります。

プレシジョンメディシンの実現が可能な理由は乳癌の病理の解明が他の癌腫に比べて進んでいることと、その特定された原因を解決する新薬の開発に成功しているからです。

特に、1998年米国で発売された抗HER2抗体薬であるハーセプチン(トラスズマブ)は、乳癌の治療成績を劇的に向上させました。当時の標準治療である抗癌剤に効果を示さなかったHER2陽性乳癌に対しても、ハーセプチンが有効性を証明したからです。

ハーセプチンの登場以降、HER2が過剰に発現する乳癌の治療薬としては抗HER2抗体薬が第一選択薬となりましたが、ハーセプチンにも課題があることが最近の研究でわかってきました。

その課題とはHER2過剰発現の癌細胞に対する効果と比べて、HER2低発現の癌細胞に対する抗HER2抗体薬の効果が弱い可能性です。そこで、既存の抗HER2抗体薬とはFc領域の構造が異なる

Margetuximab

に期待が寄せられています。抗HER2抗体薬であるMargetuximabはハーセプチンをはじめとした既存の抗HER2抗体薬とはFc領域が異なり、ADCC(抗体依存性細胞障害活性)がより強力に働きます。そのため、ナチュラルキラー細胞、マクロファージ、好中球、好酸球などの免疫システムを活用した抗腫瘍効果も期待でき、HER2過剰発現の癌細胞だけでなくHER2低発現の癌細胞に対しても有効性の高さが期待されています。

Margetuximabの添付文書情報(未定)

製品名

未決定

一般名

Margetuximab

用法用量

未定(Margetuximabとして3週間に1回15mg/kgを静脈投与する)

効能効果

未定(HER2陽性再発難治性乳癌)

主な副作用

未定(発熱、貧血、下痢、疲労など)

製造承認日

未承認

Margetuximabの作用機序

抗体のFc領域を修飾することで、抗体依存性細胞障害活性を強める

Margetuximabの最新情報

1)First-in-human phase 1 study of margetuximab (MGAH22), an Fc-modified chimeric monoclonal antibody, in patients with HER2-positive advanced solid tumors.

概要

HER2陽性乳癌患者を含む固形癌患者66人対してMargetuximabを投与し、その安全性を確認した第一相試験。結果、Margetuximabはハーセプチンよりも強力なADCCを有することが確認されました。

出典

ANNALS OF ONCOLOGY

配信日

2017年1月24日

Margetuximabの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

Margetuximabの治験情報

1)Margetuximab Plus Chemotherapy vs Trastuzumab Plus Chemotherapy in the Treatment of HER2+ Metastatic Breast Cancer (SOPHIA)

治験の概要

抗HER2抗体薬により治療経験のあるHER2陽性転移性乳癌患者に対してハーセプチン(トラスズマブ)+化学療法併用療法、又はMargetuximab+化学療法併用療法を投与して、PFS(無増悪生存期間)OS(全生存期間)を比較検証する治験。

治験の期限

2017年6月

参照
1)MacroGenics, Inc.プレスリリース
2)患者さんのための乳がん診療ガイドライン


この記事に利益相反はありません。

人気記事