多発性骨髄腫の新治療CAR-T免疫療法LCAR-B38Mについて

不治の病と呼ばれた多発性骨髄腫ですが、この病気が治る日が来るのも近いかもしれません。なぜなら、B細胞成熟抗原(BCMA)を標的するCAR-T免疫療法である

LCAR-B38M

が多発性骨髄腫の治療方法として開発される可能性があるからです。CAR-T免疫療法とは自己免疫療法の一種です。

患者自身の体から癌細胞を攻撃するT細胞を体外に一度取り出し、キメラ抗原受容体(CAR)をそのT細胞に発現させて再び体内に戻すことで、T細胞が癌細胞を認識し、攻撃する効果を高める治療法です。

CAR-T免疫療法は白血病などの病気で研究が進んでいましたが、その標的は多発性骨髄腫と違うために応用ができませんでした。

しかし、LCAR-B38Mは多発性骨髄腫に発現するB細胞成熟抗原(BCMA)を標的とするため、その効果は既存の治療方法と一線を画します。

今年のASCO2017で発表された研究報告によれば、再発難治生多発性骨髄腫患者35人に対してLCAR-B38M治療を開始したところ、その内33人が臨床的に効果があると判断できるVGPR(奏効率)以上を治療開始してから2ヶ月以内に達成したのです。

効果も去ることながら、LCAR-B38Mのその効果発現までの早さに世界中の血液内科医が度肝を抜かれたのです。再発難治生の多発性骨髄腫患者に対してこの効果ですから、新規の多発性骨髄腫患者に対する効果はどうなるのでしょうか?今後に期待です。

LCAR-B38Mの添付文書情報(未定)

製品名

未定

一般名

LCAR-B38M

用法用量

未定

効能効果

未定(再発難治性の多発性骨髄腫)

主な副作用

未定(サイトカイン放出症候群)

製造承認日

未定

LCAR-B38Mの作用機序

LCAR-B38MはB細胞成熟抗原(BCMA)を標的するCAR-T免疫療法です。CAR-T免疫療法は患者自身の血液からT細胞を取り出して、遺伝子を組み換えたキメラ抗原受容体(CAR)をT細胞に発現させ、再び患者自身の体内に戻すことでT細胞が腫瘍細胞を認識し、標的とすることで抗腫瘍効果を発揮します。

LCAR-B38Mの関連文献

1)Chimeric antigen receptor-modified T cells for acute lymphoid leukemia.

文献の概要

CD19およびCD20陽性のCLL(慢性リンパ性白血病)およびB細胞リンパ腫患者に対してCAR-T免疫療法が有効であると報告されています。本研究では、再発難治性CD19陽性のALL(急性リンパ性白血病)患者に対してCAR-T免疫療法を実施した症例報告です。

文献の出典

New England Journal of Medicine

文献の発刊日

2013年3月25日

LCAR-B38Mの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

LCAR-B38Mの治験情報

1)LCAR-B38M-02 Cells in Treating Relapsed/Refractory (R/R) Multiple Myeloma (LEGEND-2)

治験の概要

再発難治性多発性骨髄腫患者に対してCAR-T免疫療法であるLCAR-B38M-02を1週間に3回分割投与し、その

治験の期限

2017年12月1日

参照
1)Nanjing Legend Biotechプレスリリース
2)造血器腫瘍診療ガイドライン


この記事に利益相反はありません。

人気記事