「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

抗悪性腫瘍薬ハイヤスタ、再発/難治性成人T細胞白血病リンパ腫の適応で新発売ーMeiji Seikaファルマー


  • [公開日]2021.10.22
  • [最終更新日]2021.10.22

10月20日、Meiji Seikaファルマ株式会社は抗悪性腫瘍薬であるハイヤスタ錠100mg(一般名:ツシジノスタット、以下ハイヤスタ)について、再発/難治性成人T細胞白血病リンパ腫(ATLL)の治療薬として発売を開始したと発表した。

ハイヤスタは、厚生労働省より希少疾病用医薬品の指定を受けるとともに、同社の提携先である米HUYABIO社の子会社のHuya Japan合同会社が2021年6月に日本国内での製造販売承認を取得していた。

ハイヤスタの用法・用量は、成人を対象に1日1回40mgを週2回、3日もしくは4日間隔で食後に経口投与を行う。

Meiji Seikaファルマはリリースにて、「ハイヤスタ錠が新たな治療選択肢となり、ATLL患者さんのQOL予後向上に貢献できるよう、適正使用の推進および情報提供に全力で取り組んでまいります」と述べている。


参照元:
Meiji Seikaファルマ株式会社 プレスリリース

×

悪性リンパ腫の治験・臨床試験広告

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。