【12/26(木)開催 OMCEセミナー『 がんの臨床試験(治験)』申込み受付中!】

オプジーボ・ヤーボイ併用療法、高頻度マイクロサテライト不安定性を有する結腸・直腸がんの効能・効果の追加に係る承認申請小野薬品/ブリストル・マイヤーズ スクイブ社


  • [公開日]2019.11.12
  • [最終更新日]2019.11.13

2019年11月12日、小野薬品工業株式会社(以下、小野薬品)とブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、ヒト型抗ヒトPD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体ニボルマブ(商品名:オプジーボ、以下オプジーボ)とヒト型抗ヒトCTLA-4(cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4)モノクローナル抗体イピリムマブ(商品名:ヤーボイ(以下、ヤーボイ)との併用療法について、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High:microsatellite instability-High)を有する結腸・直腸がんに対する両剤の併用療法に係る製造販売承認事項一部変更承認を申請した。

オプジーボとヤーボイの併用療法コホート

今回の承認申請は、フッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法の治療中または治療後に病勢進行した、もしくは同治療法に忍容性がなかった再発または転移性のMSI-Highまたはミスマッチ修復欠損(dMMR:mismatch repair deficient)を有する結腸・直腸がん患者を対象に、ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY、以下、BMS)が実施した多施設共同非盲検第II相臨床試験(CheckMate-142試験)のオプジーボとヤーボイの併用療法コホートによる結果などに基づいている。

結腸・直腸がんは、全世界における年間新規発症患者数が約180万人と3番目に多いがん腫であり、年間約86.1万人の死亡が報告されている。日本では、年間新規発症患者数が約14.6万人と1番多く、年間約5.7万人の死亡が報告されている1

MSI-Highを有する結腸・直腸がんは、切除不能の結腸・直腸がんの約5%に認められ、標準治療のフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法の有効性が乏しく、予後不良の傾向がある2ことから、本疾患における新規治療薬の開発が期待されている。

1:Globocan 2018. Available at: http://globocan.iarc.fr/
2大腸癌研究会大腸癌治療ガイドライン医師用2019年版

CheckMate-142試験について

CheckMate-142試験は、フッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法の治療中または治療後に病勢進行した、もしくは同治療法に忍容性がなかった再発または転移性のMSI-HighまたはdMMR、およびnon-MSI-Hの結腸・直腸がん患者を対象としたオプジーボ単剤療法およびオプジーボと他剤の併用療法による複数のコホートから成る多施設共同非盲検第II相臨床試験。

本試験のオプジーボとヤーボイの併用療法コホートでは、オプジーボ3mg/kgおよびヤーボイ1mg/kgが3週間間隔で計4回投与され、その後オプジーボ3mg/kgが2週間間隔で投与された。

患者には、病勢進行または忍容できない毒性発現が認められるまで継続投与された。

オプジーボとヤーボイの併用療法の主要評価項目は、固形がんの治療効果判定のためのガイドライン(RECIST 1.1)の基準に基づく治験担当医師の評価による奏効率である。

参照元:小野薬品工業株式会社ニュースリリース

×

この記事に利益相反はありません。