12/14(土)開催【胃がんキャラバンin広島】お申込み受付中!

プラチナ感受性のある再発卵巣がん患者に対するケモフリーレジメンであるニラパリブ+アバスチン、無増悪生存期間を統計学的有意に改善するThe Lancet Oncologyより


  • [公開日]2019.09.17
  • [最終更新日]2019.09.17
この記事の3つのポイント
・プラチナ感受性のある再発卵巣がん患者が対象の第1/2相試験
・ニラパリブ+アバスチン併用療法の有効性を検証
無増悪生存期間を統計学的有意に改善

2019年8月29日、医学誌『The Lancet Oncology』にてプラチナ感受性のある再発卵巣がん患者に対するポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬であるニラパリブ+抗VEGF抗体であるベバシズマブ(商品名アバスチン;以下アバスチン)併用療法の有効性を比較検証した第1/2相のNSGO-AVANOVA2/ENGOT-ov24試験(NCT02354131)の結果がCopenhagen University HospitalのMansoor Raza Mirza氏らにより公表された。

本試験は、プラチナ感受性のある再発卵巣がん患者(N=97人)に対してニラパリブ+アバスチン併用療法を投与する群(N=48人)、またはニラパリブ単剤療法を投与する群(N=49人)に無作為に振り分け、主要評価項目として無増悪生存期間(PFS)、副次評価項目として病勢コントロール率DCR)を比較検証した第1/2相試験である。

本試験のフォローアップ期間中央値16.9ヶ月時点における結果は下記の通りである。主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)中央値はニラパリブ+アバスチン群11.9ヶ月(95%信頼区間:8.5-16.7ヶ月)に対してニラパリブ群5.5ヶ月(95%信頼区間:3.8-6.3ヶ月)、ニラパリブ+アバスチン群で病勢進行または死亡(PFS)のリスクを65%統計学的有意に改善した(HR:0.35,95%信頼区間:0.21-0.57,P<0.0001)。

一方の安全性として、グレード3以上の有害事象(AE)発症率はニラパリブ+アバスチン群65%(N=31人)に対してニラパリブ群45%(N=22人)、最も多くの患者で確認されたグレード3以上の有害事象(AE)は下記の通りである。貧血はニラパリブ+アバスチン群15%に対してニラパリブ群18%、血小板減少症はニラパリブ+アバスチン群10%に対してニラパリブ群12%、高血圧はニラパリブ+アバスチン群21%に対してニラパリブ群0%。なお、両群間で治療関連有害事象(TRAE)による死亡は1人の患者も確認されなかった。

以上のNSGO-AVANOVA2/ENGOT-ov24試験の結果よりMansoor Raza Mirza氏らは以下のように結論を述べている。”プラチナ感受性のある再発卵巣がん患者に対するPARP阻害薬ニラパリブ+抗VEGF抗体アバスチン併用療法は、化学療法フリーレジメンにも関わらず無増悪生存期間(PFS)を統計学的有意に改善しました。”

Niraparib plus bevacizumab versus niraparib alone for platinum-sensitive recurrent ovarian cancer (NSGO-AVANOVA2/ENGOT-ov24): a randomised, phase 2, superiority trial(Lancet Oncol. 2019 Aug 29. pii: S1470-2045(19)30515-7. doi: 10.1016/S1470-2045(19)30515-7.)

×

この記事に利益相反はありません。