!!緊急募集中!!肝臓がん患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対するオプジーボ単剤療法、長期間フォローアップで良好な結果The Lancet Oncologyより


  • [公開日]2019.08.28
  • [最終更新日]2019.08.28
この記事の3つのポイント
・治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者を対象とした試験のプール解析結果
・2レジメン治療以降の治療としてオプジーボ単剤療法を投与、有効性を検証
・長期間に渡って全生存期間を改善し、その有効性はドセタキセルよりも良好

2019年8月14日、医学誌『The Lancet Onoclogy』にて治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-1抗体薬であるニボルマブ(商品名オプジーボ;以下オプジーボ)単剤療法の有効性を検証したプール解析の結果がDuke Cancer InstituteのScott J Antonia氏らにより公表された。

本試験は、治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対して2レジメン治療以降の治療としてオプジーボ単剤療法を投与し、主要評価項目として全生存期間(OS)を検証したプール解析試験である。なお、プール解析の対象としてはCheckMate-017試験、CheckMate-057試験, CheckMate-063試験、CheckMate-003試験に登録され、少なくともフォローアップ期間値4年を経過している患者である。

本試験の結果、主要評価項目である4年全生存率(OS)は全患者群(N=664人)で14%(95%信頼区間:11%-17%)、PD-L1発現率1%以上の患者群で19%(95%信頼区間:15%-24%)、PD-L1発現率1%未満の患者群で11%(95%信頼区間:7%-16%)を示した。

また、ドセタキセルに対するオプジーボ単剤療法の有効性を比較検証したCheckMate-017試験、CheckMate-057試験における4年全生存率(OS)はオプジーボ群で14%(95%信頼区間:11%-18%)に対してドセタキセル群で5%(95%信頼区間:3%-7%)を示した。

以上のプール解析の結果よりScott J Antonia氏らは以下のように結論を述べている。”治療歴のある進行性非小細胞肺がん患者に対する抗PD-1抗体薬オプジーボ単剤療法は、長期間に渡って全生存期間(OS)を改善し、その有効性はドセタキセルよりも良好でした。”

Four-year survival with nivolumab in patients with previously treated advanced non-small-cell lung cancer: a pooled analysis(Lancet Oncol. 2019 Aug 14. pii: S1470-2045(19)30407-3. doi: 10.1016/S1470-2045(19)30407-3. )

×

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。