2018年11月14日、厚労省の中医協・総会は新薬12製品を11月20日に薬価収載することを決定したと発表した。

うち、がん関連は4種。

「再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性の急性骨髄性白血病」を適応とするギルテリチニブ(商品名ゾスパタ)は世界初のFLT3阻害薬。一日薬価は58,227.30円となる。

ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳がん」を適応とする阻害薬アベマシクリブ(商品名ベージニオ)は、イブランスに次ぐCDK4/6阻害薬。一日薬価は6,920.20円となる。

「ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性または不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」を適応とするロルラチニブ(商品名ローブレナ)は第三世代チロシンキナーゼ阻害薬。「条件付き早期承認制度」が適用された初めての製品である。一日薬価は25,961.00円となる。

再発又は難治性のB細胞性急性リンパ性白血病」を適応とするブリナツモマブ(商品名ビーリンサイト)は、初の二重特異抗体でありT細胞誘導(BiTE)抗体。一日薬価は150,051円となる。

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »