8月29日、中外製薬株式会社および日本新薬株式会社は、「CD20陽性の濾胞性リンパ腫」を効能・効果として糖鎖改変型タイプII抗CD20モノクローナル抗体オビヌツズマブ(商品名:ガザイバ)について、販売を開始したと発表した。

ガザイバは、非ホジキンリンパ腫の治療薬として国内外の治療ガイドラインで推奨されているリツキサンと同様、幹細胞や形質細胞以外のB細胞上に特異的発現するタンパク質であるCD20に結合することで効果を発揮する。ガザイバは、糖鎖改変型タイプⅡ抗CD20モノクローナル抗体として、標的となるB細胞を直接、および体内の免疫系とともに攻撃し、破壊するようデザインされている。

ガザイバについて

商品名:ガザイバ®点滴静注1000 mg

一般名:オビヌツズマブ(遺伝子組換え)

効能・効果:CD20陽性の濾胞性リンパ腫

用法・用量:通常、成人には、オビヌツズマブ(遺伝子組換え)として1日1回1000 mgを点滴静注する。導入療法は、以下のサイクル期間及び投与サイクル数とし、1サイクル目は1、8、15日目、2サイクル目以降は1日目に投与する。維持療法では、単独投与により2カ月に1回、最長2年間、投与を繰り返す。

・シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸塩ビンクリスチン硫酸塩及びプレドニゾロン又はメチルプレドニゾロン併用の場合:3週間を1サイクルとし、8サイクル

・シクロホスファミド水和物、ビンクリスチン硫酸塩及びプレドニゾロン又はメチルプレドニゾロン併用の場合:3週間を1サイクルとし、8サイクル

・ベンダムスチン塩酸塩併用の場合:4週間を1サイクルとし、6サイクル

承認日: 2018年7月2日

参照:中外製薬ニュースリリース

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »