この記事の3つのポイント
・タグリッソ抵抗性のある肺がん患者の耐性メカニズムを検証した試験の結果
治療抵抗性を示した腫瘍細胞を次世代シーケンサーで検証する手法がとられた
・T790M遺伝子変異を喪失によってタグリッソ抵抗性を示すことがわかった

2018年8月2日、医学誌『JAMA Oncology』にて第3世代不可逆的上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)であるオシメルチニブ(商品名タグリッソ;以下タグリッソ)抵抗性のあるEGFR-T790M変異陽性非小細胞肺がん患者における耐性メカニズムを検証した試験の結果がDana-Farber Cancer Institute・Geoffrey R. Oxnard氏らにより公表された。

本試験は、多施設共同試験、AURA試験(NCT01802632)にそれぞれ登録されたタグリッソ抵抗性のあるEGFR-T790M変異陽性非小細胞肺がん患者(N=143人)を対象に、タグリッソによる治療に抵抗性を示した後の腫瘍細胞を次世代シーケンサーを用いて耐性メカニズムを検証した試験の結果である。

本試験の結果、タグリッソによる治療に抵抗性を示した後も13人(32%)の患者がEGFR-T790M変異陽性を継続して示し、28人(68%)の患者がEGFR-T790M変異を喪失し、9人(22%)の患者がEGFR-C797S変異陽性を示した。

そして、タグリッソによる治療開始から中止までの期間(TTD)中央値は全患者郡8.0ヶ月、EGFR-T790M変異陰性患者郡5.5ヶ月、EGFR-T790M変異陽性EGFR-C797S変異陽性患者郡12.4ヶ月、EGFR-T790M変異陽性EGFR-C797S変異陰性患者郡12.6ヶ月を示した。

以上の試験の結果よりGeoffrey R. Oxnard氏らは以下のように結論を述べている。”EGFR-T790M変異喪失により、EGFR-T790M変異陽性非小細胞肺がん患者はタグリッソによる治療に抵抗性を示すことが本試験の結果より証明されました。タグリッソによる治療を受けているEGFR-T790M変異陽性非小細胞肺がん患者さんに対し、今後臨床でも耐性メカニズムを考慮して治療戦略を立てる必要があるでしょう。”

Assessment of Resistance Mechanisms and Clinical Implications in Patients With EGFR T790M–Positive Lung Cancer and Acquired Resistance to Osimertinib(JAMA Oncol. Published online August 2, 2018. doi:10.1001/jamaoncol.2018.2969)

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »