11月15日、厚労省の中医協・総会は新薬12製品を11月22日に薬価収載することを決定したと発表した。

うち、がん関連は4種。

「根治切除不能なメルケル細胞がん」を適応とする初のPD-L1抗体である免疫チェックポイント阻害薬アベルマブ(商品名バベンチオ)は、ほぼ類薬として薬価収載されている免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)を参考として薬価が決定。1日薬価は、39,099円となった。

「手術不能または再発乳がん」を適応とする経口サイクリン依存性キナーゼ4/6(CDK4/6)阻害薬パルボシクリブ(商品名イブランス)は、日本初の作用機序となる新薬で、原価計算方式にて薬価が決定。薬価は、25mg 1カプセルが5,576.40円、125mg1カプセル が22,560.30円である。なお、イブランスの用法用量は、1日1回125mgを3週間連続して使用し、その後1週間休薬するを1サイクルとして繰り返す。

「再発または難治性の多発性骨髄腫」を適応とするダラツムマブ(商品名ダラザレックス)は、作用機序は異なるが同疾患対象の抗体医薬エロツズマブ(商品名エムプリシティ)を参考に薬価が決定。1日薬価は、20,053円となった。

その他、「経尿道的膀胱腫瘍切除術時における筋層非浸潤性膀胱がんの可視化」として、アミノレブリン酸塩酸塩(商品名アラグリオ)が、世界で初めて承認された。


この記事に利益相反はありません。

人気記事