※タイトル表記に一部誤りがあり修正致しました(2017年4月24日16時)
4月21日、厚生労働省 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、「再発・難治性の末梢性T細胞リンパ腫」適応にてプララトレキサート(ジフォルタ)新規製造販売承認、「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」適応にてクリゾチニブ(ザーコリ)の適応追加を了承した。両剤とも、これらの適応に対して希少疾病用医薬品に指定されている。

また、「再発か難治性の多発性骨髄腫」にて既に承認されているカルフィルゾミブ(カイプロリス)について、デキサメタゾンとの2剤併用療法を了承した。これまではデキサメタゾン、レナリドミドとの3剤併用療法での承認であったが、レナリドミドとの併用が副作用等にて使用できない患者の治療選択肢となる。

記事:可知 健太

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »