2017y02m07d_112857849
LINEで送る
Pocket

2月3日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は、大腸がん適応として血管新生阻害薬アフリベルセプト(ザルトラップ)、成人T細胞白血病リンパ腫適応としてレナリドミド(レブラミド)の製造販売承認をた審議し、了承した。 

ザルトラップは、VEGFR-1とVEGFR-2の結合ドメインを融合した遺伝子組み換え融合タンパク質である。眼科分野では加齢黄斑変性等にてアイリーアという商品名にて承認取得している。大腸がんでの効能効果は「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」となり、イリノテカン、レボホリナート、フルオロウラシルと併用する。なお、血管新生阻害薬としての類薬は、ベバシズマブ(アバスチン)、ラムシルマブ(サイラムザ)がある。

レブラミドは、サリドマイド誘導体として創薬された免疫調整薬(IMiDs)である。多発性骨髄腫や骨髄異形成症候群などに承認されており、今回、「再発または難治性の成人T細胞白血病リンパ腫」の効能追加が了承された。希少疾病用医薬品にも指定されており、世界に先駆けて日本が承認される可能性がある。

これらの薬剤は早ければ3月に承認となる。

記事:可知 健太

LINEで送る
Pocket

人気記事