2月29日、バイエル薬品は、マルチキナーゼ阻害剤ソラフェニブ(ネクサバール®)の効能・効果について、2014 年6 月に承認取得していた「根治切除不能な分化型甲状腺がん」に加え、「甲状腺髄様がん」の承認を取得したと発表しました。これにより、適応は「根治切除不能な甲状腺がん」となりました。

今回の適応拡大は、より多くの甲状腺がん患者さんに貢献するための、日本独自の取り組みとのことです。

なお、甲状腺がんの推計患者数は約2万9000人で9割は分化型、髄様がんは全体の5%程度です。

ネクサバールは、複数のキナーゼ(Rafキナーゼ、VEGFR-1、VEGFR-2、VEGFR-3、PDGFR-B、KIT、FLT-3、RETなど)に作用することが示されており、この他に、2008 年1 月に「根治切除不能又は転移性腎細胞がん」、2009 年5 月に「切除不能な肝細胞がん」の効能・効果で承認を取得しています。

バイエル薬品のプレスリリースはコチラ

記事;可知 健太

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »