■この記事のポイント
・皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)治療薬「タルグレチン®カプセル75mg」(ベキサロテン)が製造販売承認された。
・日本においてCTCLの治療における新たな治療法の一つとなる
・国内で行われた第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験(B-1101試験)の結果に基づき承認された。


2016年1月22日、株式会社ミノファーゲン製薬は、ベキサロテン(商品名:タルグレチン®カプセル75mg)について皮膚T細胞性リンパ腫を効能・効果として製造販売承認を取得したと発表しました。

ベキサロテンは、1999年に米国で「Targretin®」の製品名で承認され、薬39の国または地域で皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の治療剤として販売されています。欧米での主要な治療ガイドラインにおいて、CTCLに対する治療法の一つとして推奨されており、日本において新たな治療選択肢となる可能性があります。

「タルグレチン」は、レチノイドの一種であるベキサロテンを有効成分とする抗悪性腫瘍剤です。作用機序に関しては明確ではありませんが、がんの増殖に関わるレチノイドX受容体(RXR)と呼ばれるものに選択的に結合することで、増殖を抑制するといわれています。

今回の承認は、国内で行われた第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験(B-1101試験)と海外臨床試験の成績に基づいています。

(試験結果については下のプレスリリースのリンクからご確認ください。)

皮膚リンパ腫にはT細胞リンパ腫とB細胞リンパ腫とがあり、8~9割が皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)といわれております。この代表的な臨床病型として菌状息肉症やセザリー症候群が知られています。なお菌状息肉症の患者数は国内で1,000人と推定(2012年厚生労働省発表)される希少疾病となります。

株式会社ミノファーゲン製薬プレスリリース
http://www.minophagen.co.jp/Japanese/info/20160122.html

記事:HAMA


この記事に利益相反はありません。

人気記事