10月8日、アストラゼネカ株式会社、日本の悪性中皮腫患者を対象とした免疫チェックポイント阻害薬CTLA-4阻害薬トレメリムマブの国内第1相臨床試験を開始したと発表しました。

 トレメリムマブは抗ヒト細胞傷害性Tリンパ球抗原-4(CTLA-4)抗体であり、活性化T細胞における抑制的調節因子であるCTLA-4とそのリガンドである抗原提示細胞上のB7(CD80/CD86)分子との結合を阻害することにより、ヒトの免疫システムをつかさどるT細胞を活性化するよう設計されています。類似薬としては、最近、日本でもメラノーマ(悪性黒色腫)適応で承認されたイピリムマブ(商品名ヤーボイ)があります。

 悪性中皮腫は、そのほとんどが胸部および腹部の内膜(胸膜、腹膜)に発現する希少かつ悪性度の高いがんであり、アスベストによる発がんリスクが有名です。特に、病勢が進行している患者さんへの有効な治療法は非常に限られており、5年生存率は、適切な診断や治療を受けた場合でも5%未満とされています。国内においては、年間およそ1,400名の方が中皮腫で死亡しています。

 トレメリムマブは、海外では、悪性中皮腫患者さんに対する後期第2相臨床試験を実施中で、2015年4月には米国食品医薬品局(FDA)から悪性中皮腫治療薬として希少疾病用医薬品に指定されました。本邦では、固形がん一般を対象とした国内臨床試験が2014年5月に開始されていましたが、悪性中皮腫治療におけるアンメットニーズを鑑み、この度の国内第1相臨床試験を開始するに至ったとのことです。国内約13医療機関において約40症例登録を目標にトレメリムマブを投与した際の安全性と忍容性の評価を行うとのことです。

 アストラゼネカプレスリリースから画像転載
Satellite

【臨床試験情報(JAPIC-CTI)】
日本人進行固形悪性腫瘍患者を対象としたtremelimumab 及びtremelimumab・MEDI4736 併用並びに切除不能な日本人胸膜又は腹膜悪性中皮腫患者を対象とした二次治療又は三次治療におけるtremelimumab の安全性、忍容性、薬物動態及び予備的抗腫瘍効果を検討する非盲検多施設共同第1相試験

【CTLA-4抗体について】
CTLA-4阻害薬

記事:可知 健太


この記事に利益相反はありません。

人気記事