8月17日、F. ホフマン・ラ・ロシュは免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブ(MPDL3280A;抗PD-L1抗体)が非小細胞肺がん対象の第2相試験結果が良好な成績であったと発表しました。

ポイントは以下の通りです。
1.アテゾリズマブはPD-L1阻害薬となり、PD-1阻害薬であるオプジーボとは阻害するポイントが異なる。
2.日本人を含む667人が参加した単群間(必ずアテゾリズマブを使用する)大規模第Ⅱ相国際共同治験である。
3.対象は進行または転移性の非小細胞肺がん患者のうち、がん組織のPD-L1が陽性の方である。
(薬剤治療から3週間以上経過していれば、薬剤治療の有無は問わない)
4.奏効率(ある一定以上腫瘍が縮小された方の割合)が認められた。(詳細結果は今後発表される)
5.副作用はこれまでの試験で観察されたものと同様だった。

なお、アテゾリズマブ、FDAにより、標準薬剤治療(白金製剤ベースの化学療法、EGFR遺伝子変異陽性またはALK陽性肺がんに対しては適切な分子標的療法)においても「がん」が進行したPD-L1陽性非小細胞肺がん患者さんにおける画期的治療薬の指定をおこなっています。

F. ホフマン・ラ・ロシュのプレスリリース(英語)はコチラ
中外製薬のプレスリリース(日本語)はコチラ

【上記試験の詳細】
clinical trials.gov(英語)
JAPIC-CTI(日本語)

【アテゾリズマブについて】
免疫チェックポイント阻害薬であるアテゾリズマブ(治験薬コードMPDL3280A)はPD-L1阻害薬となり、先に小野薬品工業より非小細胞がん適応のために申請されている発表されているPD-1阻害薬であるニボルマブ(オプジーボ)とは異なります。国内では、非小細胞肺がんを対象とした第2相国際共同治験および第3相国際共同治験、膀胱がんを対象とした第3相国際共同治験、腎細胞がんを対象とした第3相国際共同治験に参加しているとのことです。

【アテゾリズマブの募集中の臨床試験情報(オンコロ内またはJAPIC-CTIより)】
ステージ4扁平上皮非小細胞肺がんに関する免疫チェックポイント阻害薬(アテゾリズマブ)の第3相試験(オンコロ内)
ステージ4扁平上皮非小細胞肺がんに関する免疫チェックポイント阻害薬(アテゾリズマブ)の第3相試験(オンコロ内)
IV期非扁平上皮NSCLC患者におけるMPDL3280Aとシスプラチン若しくはカルボプラチン+ペメトレキセドの比較試験(JAPIC)
局所進行又は転移性尿路上皮膀胱癌患者を対象としたMPDL3280A と化学療法を比較する第III相臨床試験(JAPIC)

参考
PD-1阻害薬、PD-L1阻害薬

記事;可知 健太


人気記事