非小細胞肺がんの分子標的薬「クリゾチニブ(一般名、商品名:ザーコリ)」。ALK融合遺伝子を持つ人に使われる薬だ。このたびの検証で、クリゾチニブは、進行して脳転移がある場合でも、治療効果があると認められた。

続きはコチラ Medエッジへ

写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Hey Paul Studios/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般
×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »