【6月28日(金)/ 東京・日本橋】腎細胞がんセミナー参加申込受付中!

ALK陽性の非小細胞肺がん、脳転移があっても「クリゾチニブ」による治療は有効


  • [公開日]2015.07.24
  • [最終更新日]2017.06.13

非小細胞肺がんの分子標的薬「クリゾチニブ(一般名、商品名:ザーコリ)」。ALK融合遺伝子を持つ人に使われる薬だ。このたびの検証で、クリゾチニブは、進行して脳転移がある場合でも、治療効果があると認められた。

続きはコチラ Medエッジへ

写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Hey Paul Studios/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般
×

リサーチのお願い