エドモントン症状評価システム (ESAS) は、緩和医療の対象となる患者が頻繁に経験す症状を評価するために開発された評価票の事です。
対象となる症状は痛み、だるさ、眠気、吐き気、食欲不振、息苦しさ、気分の落ち込み、不安、全体的な調子の9項目です。
症状の強度を0(症状がないこと)から10(症状がもっともひどい)の段階で評価します。

 
作成:株式会社インテリム

×