本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 デガレリクス
商品名 ゴナックス
治験薬コード
一般名英語表記 Degarelix
商品名英語表記 Gonax
種類 性腺刺激ホルモン放出ホルモン抑制
種類
投与経路 注射
適応がん種 前立腺癌

特徴

ゴナックスは前立腺がん治療薬では初となる、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)アンタゴニスト(阻害薬)となります。神経細胞から放出されるGnRH受容体にゴナックスが結合することにより、GnRHの結合を抑えます。脳下垂体に作用し、性腺刺激を抑えることでテストステロン(男性ホルモン)の分泌を抑制するホルモン療法の注射薬です。これまでの製剤と違いあらかじめ抗アンドロゲン薬を飲む必要がないので、すばやい効果を期待できます。副作用としては、注射部位痛・硬結・紅斑、ほてりなどがあります。
重大な副作用としては、間質性肺炎や、肝機能障害・糖尿病増悪、心不全、血栓塞栓症などが報告されています。

効能・効果

前立腺癌

用法及び用量

通常、成人にはデガレリクスとして、初回は240mgを1カ所あたり120mgずつ腹部2カ所に皮下投与する。2回目以降は、初回投与4週間後より、デガレリクスとして80mg
を維持用量とし、腹部1カ所に皮下投与し、4週間間隔で投与を繰り返す。

重大な副作用

間質性肺疾患、肝機能障害、糖尿病増悪、ショック、アナフィラキシー、心不全、血栓塞栓症

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/2499412D1