VEGF阻害薬とは、抗がん分子標的薬の種類のひとつで、代表的な薬としてベバシズマブ(商品名:アバスチン)とい薬剤があります。
がん細胞はある程度の大きさに成長するとより,多くの酸素や栄養分を必要とするようになります。そこで,がん細胞は,ある程度成長すると,新しい血管を自らに向けて成長させる能力を持つようになります。

 VEGF阻害薬は、がんが大きくなるのに必要な血管が新たにできるのを阻害し、結果としてがんの増大を防ぎます。

作成:株式会社インテリム
logo

banner_onc_seminar-top


人気記事