腫瘍マーカーは、がん細胞で特異的に産生され、血液中に放出される物質のことです。がん細胞に特異的な物質はいろいろありますが、血液中に放出されるものは検査が容易なので、マーカーとして用いられます。

しかし、多くの腫瘍マーカーは健常人でも検出されるため、がんがある程度進行しないと健常人との差を見ることができません。そのため、進行がんの治療効果を判定する場合や治療後(手術後)の経過観察(再発が起きていないかの検査)に使われているのが現状で、早期診断に使えるものではありません。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事