治療開始から中止までの期間はがんの臨床試験における評価項目の一つであり、
英語でtime to treatment discontinuation(TTD)といいます。
治療中止の理由は病態の悪化、治療薬の毒性、患者の意向、死亡等あらゆる理由を含みます。
臨床試験では副次的評価項目として使用されることが多いです。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »