忍容性とは薬剤の副作用が投与された人にとってどの程度耐えることができるかを表す言葉です。
ある薬剤の服用によって副作用が発生したとしても、患者さんが十分耐えられる程度であれば、「忍容性が高い薬剤」ということになります。
逆に耐えられない程の重い副作用が発生する場合は、「忍容性が低い薬剤」と言われます.

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »