がんと診断されたら、そのがんがどのくらいの大きさなのか、他の臓器まで広がっていないかどうか、さらに詳しく検査を行い、がんの進行度合い(病期、ステージ)を決めます。

 病期の評価にはTNM分類と呼ばれる分類法を使用します。これは、がんの大きさと浸潤(T因子)、リンパ節転移(N因子)、遠隔転移の有無(M因子)の3つの因子について評価し、これらを総合的に組み合わせて病期を決定する方法です。
病期はがんの種類によりますが0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類され、がんが進行すると病期の数字が大きくなります。
また、がん腫によっては病期、ステージに応じて標準治療が設定されているものもあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事