【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

血小板減少症


  • [公開日]2018.11.05
  • [最終更新日]2018.11.05

血小板減少症とは血液造血器の疾患で血小板が減り出血しやすくなる病気の事です。
赤血球や白血球と同様に骨髄の中で産生される
血液成分である血小板の数が少なくなり出血傾向になってきます。
原因としては骨髄における産生能力の低下、末梢における血小板利用・破壊の亢進、
血小板の体内臓器での分布の異常の3つの原因があげられます。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×