血小板減少症とは血液造血器の疾患で血小板が減り出血しやすくなる病気の事です。
赤血球や白血球と同様に骨髄の中で産生される
血液成分である血小板の数が少なくなり出血傾向になってきます。
原因としては骨髄における産生能力の低下、末梢における血小板利用・破壊の亢進、
血小板の体内臓器での分布の異常の3つの原因があげられます。
 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »