11/9(土)開催【胃がんキャラバンin松山】お申込み受付中!

安定;Stable Disease;SD


  • [公開日]2016.11.21
  • [最終更新日]2017.10.12

安定Stable Disease)とは、治療の前後でがんの大きさ(長径)がほぼ変わっていない状態を指します。治療の効果を客観的に判断するため、CTやMRIなどを使って、治療の前後でがんの大きさ(長径)や、新たながんができていないかを検査し、国際的な基準(RECISTガイドライン(Response Evaluation Criteria in Solid Tumors))に則り、判定します。治療の前後で、がんの長径の変化率が-30%から+20%内で、新たながんが見られないとき、SDと判定します。

作成:株式会社インテリム
logo

×