組織型とは微鏡の検査結果などによって分類できるがんの種類を示します。画像検査や血液検査などで、がんの疑いが認められた場合、必要に応じて、病変の一部をつまみとったり、針を刺して吸引したり、メスを使って一部を切除する(生検)などして採取した細胞・組織を顕微鏡で確認し形状などから判別します。

 これにより最終的にがんの診断を確定することになります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事