孤立性孤立性再発転移)とは、もとからあった腫瘍を取除く手術療法や放射線療法を行った後に、不幸にも原発部位の一部や他の臓器の一か所に極めて限局した再発巣や転送巣が出現してしまう病態です。
乳癌の場合ですと、手術をした側の乳房や胸壁、その周囲の皮膚やリンパ節の一か所に限局して再発している病態を「孤立性再発」と言います。また、乳がんの遠隔転移は骨(軟部組織)、肺、肝臓、脳などに起こることが多く、転移臓器が一か所に限局している病態を「孤立性転移」と言います。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »