浸潤は、がん細胞が発生した組織を超えて周りの組織へと広がっていくことです。浸潤したがん細胞が血管やリンパ管に到達すると、がん細胞は血管やリンパ管に侵入し、流れに乗って全身の臓器に転移する可能性があります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事