11/22(金)開催 希少がんセミナー「副腎がん」申込み受付中!

血清アルブミン値


  • [公開日]2019.03.18
  • [最終更新日]2019.03.18

アルブミンとは主に肝臓で作られる血液中の蛋白質の一種で、総蛋白の約6割を占め、栄養・ 代謝物質の運搬、浸透圧の維持などの機能を有する。その値である血清アルブミン値は栄養状態を評価する際、低栄養に陥っていないかどうかを調べる指標となるものである。

血清アルブミン値はg/dl(グラム・パー・デシリットル)という単位で計測され、基準範囲(正常値)は4.0以上とされている。この正常値より低い場合、特に3.5以下の場合は何らかの疾患や栄養障害が疑われる。

×