ribonucleic acid (リボ核酸) RNAはDNAと同じ核酸の1つでDNAとは構成要素が違う。
タンパク質の設計図は遺伝子DNAに存在する。DNAとRNAの違いは、糖の成分がDNAではデオキシリボースなのに対し、RNAはリボースであり、また塩基の4つ目がDNAではチミンなのに対し、RNAではウラシル。DNAは主に遺伝情報の蓄積や保存の役割を担うのに対し、RNAはその情報をもとに、タンパク質の合成に関わるなどの役割がある。
タンパク質をつくるとき、まず細胞核の中でDNAの塩基配列の必要な部分をRNAにコピー(転写)し細胞質へ運びタンパク質を合成する。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »