RFAとは、経皮的ラジオ波焼灼療法(Radio Frequency Ablation)といい、肝臓にできた悪性腫瘍の治療法の一つです。肝臓を超音波で観察しながら、皮膚を通して電極針を腫瘍の中心に挿入し、ラジオ波という電流を通電させ、針の周囲に熱を発生させ、腫瘍を壊死させる方法です。

ラジオ波とは、450キロヘルツの高周波のことで、他の医療機器(電気メスなど)に使用される高周波と同じものです。このラジオ波焼灼療法は、1995年頃から欧米で開発され、日本では1999年頃から広く臨床使用されています。2004年4月には、日本でも保険適応手術として認められ、肝臓悪性腫瘍に対する標準的な局所治療として位置づけられています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事