抗がん剤など薬物療法の効果があった割合と期間のこと。国際的な基準(RECIST)では、CT(コンピュータ断層撮影)検査で病変が完全に消失した完全奏効(CR)と距離にして70%に縮小した部分奏効(PR)の合計で効果をみる。
これらの数値は過去の臨床試験(PART1「臨床試験と治験」参照)の結果であり、1つの目安と考えられる。

CR : Complete Response、腫瘍が完全に消失した状態
PR : Partial Response、腫瘍の大きさの和が30%以上減少した状態
SDStable Disease 、腫瘍の大きさが変化しない状態
PDProgressive Disease、腫瘍の大きさの和が20%以上増加かつ絶対値でも5mm 以上増加した状態、あるいは新病変が出現した状態

 

出典:もっと知ってほしい患者さんのためのがん医療用語とお薬(製作:NPO法人キャンサーネットジャパン)
http://www.cancernet.jp/ganyougo

>がんの用語辞典に戻る

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »