リザーバーとは、容易に体外から薬剤を投与できるように皮下に埋め込む小さな器具です。リザーバーの先はカテーテルにつながっており、カテーテルは血管につながれています。皮膚の上から針をリザーバーに刺すことで、薬剤を確実に血管内に投与することができ、腕からの点滴のように安静にしている必要がありません。繰り返し薬剤を投与する必要がある患者さんや、投与時間が長い患者さん、静脈が細く注射がしにくい患者さんなどに使われています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »