無作為化とは複数の治療法・医薬品を比較する臨床試験などにおいて、試験に参加する被験者を無作為(ランダム)に振り分ける過程のことです。被験者の年齢、性別、重症度などを見て、薬剤や治療法が効きそうな患者さんを恣意的に片方の群に集めてしまうと、試験の結果に大きな偏りが生まれます。そのような偏りを減らすために、それぞれの群の性質を同一にする必要があります。そのための方法が無作為化です。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »