ラジオ波焼灼療法(RFA)とは、主に肝臓癌で用いられる局所療法の一つです。これは、麻酔をかけた皮膚の上から細い電極を腫瘍まで差し込み、ラジオ波で腫瘍を加熱し焼き殺す治療法です。この治療法は、重い肝障害があり手術による切除が難しい患者さんや、高齢で体力が低下している患者さんも受けることが出来ます。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事