ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌:H. pylori)とは1983年に胃炎患者の胃粘膜から見つかった細菌であり、胃炎や消化性潰瘍の原因となります。さらにピロリ菌が発がん因子であることが報告され、胃がんや胃MALTリンパ腫の発症と密接に関係することが明らかになっています。ピロリ菌は全世界の人口の約50%に感染していると推定され、日本でも約50%に感染しており、特に高齢者で高くなっています。ピロリ菌を除菌することによって胃がんの発生が実際に抑制されることが明らかになっています。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事