【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

PS


  • [公開日]2016.10.26
  • [最終更新日]2017.10.12

PS(Performance Status、パフォーマンス ステータス)とは、ECOGという米国の腫瘍学の団体が決めた全身状態の指標であり、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。以下は日本臨床研究グループ(JCOG)による日本語訳です。ECOG PSという。

0:まったく問題なく活動できる。発症前と同じ日常生活が制限なく行える。
1:肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる。例:軽い家事、事務作業
2:歩行可能で、自分の身の回りのことはすべて可能だが、作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす。
3:限られた自分の身の回りのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
4:まったく動けない。自分の身のまわりのことはまったくできない。完全にベッドか椅子で過ごす。

リンク:JCOGホームページより
http://www.jcog.jp/doctor/tool/C_150_0050.pdf

×

記事ランキング