前向きとは、研究においてデーターをどのように集めるかを示したものです。データーの集め方は、時間の方向によって、未来に向かってデーターを収集する方法(前向き、プロスペクティブ:prospective)と、過去に遡ってデーターを収集する方法(後ろ向き、レトロスペクティブ:retrospective )に分けられます。治験などの臨床試験では、患者さんを登録してから、未来に向かって患者さんのデーター(QOL、再発率、生存率など)を収集します。この方法を前向きと呼びます。

一方、肺癌の患者さんとそうでない人で喫煙歴を調べ、肺癌と喫煙に関連性があるかを研究するといった場合は、過去に遡ってデーター(喫煙歴)を収集します。このような方法は後ろ向きと呼ばれます。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »