LINEで送る
Pocket

予後因子とは、治療後、その病気の状態がどうなるか(治癒に向かうのか、再発するのかなど)を判断するために用いられる材料です。この因子には、リンパ節および他臓器への転移の有無や、特定の遺伝子変異の有無などが含まれます。これらの因子で患者さんを分類し、それぞれ最適と思われる治療を施します。

作成:株式会社インテリム
logo

LINEで送る
Pocket

人気記事