がんの検査の一つです。「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。
早期発見のため、特殊な検査薬(FDG:フルオロデオキシグルコース:がん細胞は盛んに増殖をしているためエネルギーを大量に必要とします。エネルギー源は血液中のブドウ糖を利用しますが、がん細胞は正常な細胞と異なるエネルギー産生メカニズムを持つために、さらに大量のブドウ糖が必要になります。従って血液中のブドウ糖はがんに集中的に集まります。この特性を利用してブドウ糖に放射性物質を結合させた薬)を注射して「がん細胞に目印をつける」「その目印を画像検査する」というのがPET検査の特徴です。このFDGを用いたPET検査をとくにFDG-PET検査と呼びます。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事