【4/2@京都】ノーベル賞受賞記念スピーチ“本庶 佑先生の偉業を称え、感謝を伝える会”開催

医療機関ネットパトロール


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

医療機関ネットパトロールとは、医療機関のホームページにうそや大げさな表示があった場合に通報を行うウェブサイト(http://iryoukoukoku-patroll.com/)のことです。これは、厚生労働省の「医業等に係るウェブサイトの監視体制強化事業」として行われており、主に美容医療サービスを提供する医療機関のウェブサイトに不適切な表示が認められる等の指摘があったことを踏まえ、開始されました。医療に関する広告は、国民・患者保護の観点から、医療法により限定的に認められた事項以外は、広告が禁止されています。一方、インターネットが普及するに従い、美容医療サービスなどの自由診療を行う医療機関において、ホームページに掲載されている治療内容や費用と、受診時の説明・対応が異なるなどのトラブルが発生するようになり、「医療広告ガイドライン」や「医療機関ホームページガイドライン」が作られました。医療機関ネットパトロールは、これらのガイドラインに違反している疑いがある医療機関のホームページを、一般の人から通報が行えるようにしたサイトです。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング