オープンラベルは、医療スタッフや患者さん本人がどのような治療を受けているのか知っている状態で行われる試験のことです。

二つの治療法を比較するとき、患者さんや医療スタッフがどちらの治療を受けているのかを知っていると、治療結果に影響を与えることがあります。より信頼性の高い結果を得るためには、患者さんや医療スタッフにどちらの治療を受けているのかを知らせずに試験を行う必要があります。この方法を盲検化といい、オープンラベルの試験は盲検化された試験より結果の信頼性が低くなります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »