頭蓋内奏効とは、頭蓋内の病変(脳転移)に対する腫瘍縮小効果のことです。頭蓋内腫瘍の半数は脳転移ですが、脳転移は予後不良因子であり、患者さんのQOL低下を引き起こすため、治療法の開発が待たれています。

薬による脳内腫瘍の治療では、血液脳関門の存在が問題となります。血液脳関門は脳の微小血管に存在し、脳細胞の維持や活動に重要な糖やアミノ酸などを選択的に通過させ、それ以外の物質が脳へ入るのをブロックしています。脳内に存在する腫瘍に薬が到達するためには、薬が血液脳関門を通過する必要があります。最近の分子標的薬では、血液脳関門を通過できるように設計し、脳内の腫瘍にも効果がある薬が開発されています。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »