好中球減少症とは白血球の一種である好中球が血液中1㎣あたり1500個以下になった状態をいいます。好中球は感染を防ぐ機能に重要な免疫機能を担っているので、好中球が減ってくると、細菌や真菌などによる感染症にかかりやすくなります。原因としてもっとも多いのは、薬剤によるもので抗菌薬や抗生物質、消炎鎮痛薬、各種の抗がん剤、抗ヒスタミン薬、抗不整脈薬など、さまざまな薬剤が原因となります。
そのほかにも、再生不良性貧血や白血病、放射線照射などによる造血障害、感染症、自己免疫疾患など、さまざまな原因があります。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »