術前補助化学療法とは手術の前に抗がん剤の投与による治療ことです。英語でネオアジュバント化学療法(NAC;NeoAdjuvant Chemotherapy)と言います。
手術前に抗がん剤を投与して、がんを小さくさせることで、がんの切除を可能にしたり、臓器の機能を温存させる目的で行います。

また、目にみえない小さな転移を根絶させることも目的としています。以前は手術だけでは完全に取り除くことが難しいがんの手術の効果を高める目的で行われてきました。しかし、最近では優れた抗がん剤やホルモン療法剤が開発され、手術と組み合わせることで治療効果を高めることができるようになってきました。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »