リンパ球減少症とは、血液中のリンパ球(白血球の一種)の数が異常に少なくなった状態のことです。
リンパ球減少症は、総リンパ球数が成人で1000/μL未満
または2歳未満の小児で3000/μL未満となった状態です。
続発症として、日和見感染症、悪性疾患および自己免疫疾患のリスクの増加などがあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »